丁字路

サラリーマンYと脱サラリーマンTが書くブログ

丁字路

―別々の道を選んだ2人の記録―

(Y) カネ

ご機嫌よう。Yである。

今日は考え事を、する時間がたっぷりあったので色々考えた。

 

私の先輩が結婚すると聞いた。

5年付き合った彼女とらしい。

貯金は200万。

これから結婚指輪で40万。

婚約指輪で20万。

新婚旅行で30万。

社宅を出て月10万の2LDKに越すとの事。

 

これを聞いてどう思ったか。

 

カネが足りなくないか?

 

結婚した後は夫婦共働きでまたゼロから貯金するにしても、この手の人は新居に家具は必要だろうしきっと安くないもので揃えるだろう、そしてこの話の費用の部分では、そもそも結婚式の費用が入ってない。

 

指輪の価値は中古になった瞬間に落ちるだろう。それ以外は全部経費で残らない。

 

 たった1つ上で会社勤め。給料なんて大して私と変わらない。はずだ。

 

これからの結婚生活を節約して過ごすのだろうか。子供の養育費や教育費、保険、、、どうなるのだろうか。

 

 

 

 

過労死、サビ残が問題視されている昨今はカネの重さと命に関して"生命の尊さ"的な視点で取り上げられる事が多い気がする。

 

しかし、生命の維持的な意味でのカネの尊さより段階的にはだいぶマシなところにもう1つ、カネと命のバランスがあると私には思えて仕方がない。

 

それは、QOLにも似た命(=人生)みたいな観点である。

QOLとは人生の充実度というか、その人がいかに人生を満足して過ごしているか、という数値評価できない指標である。完全に主観的な指標なので他人と比べることはできない。1億円持っていてもQOLが低い人もいれば人もいれば年収100万円でも幸せな人も居るだろう。

 

では、なぜ人生の充実度とカネが関係あるか。

 

それは、選択肢の広さである。

 

例えば私は最近バイクに無性に乗りたくなった。

バイク屋さんにフラフラ立ち寄るうちに一台のバイクに一目惚れし、そこから2,3週間をかけて9.5万円を費やし教習所に通って免許をほぼ取得したところまで来て、バイクはすでに18万円掛けて購入した。まだ完全に免許が取れていないのでわからないが、これからバイクに乗る時間を考えるとうっとりするほど楽しみで仕方がない。どこに走りに行こうかと思うとニヤついてしまう。

 

しかし、それはカネがあってこその事。

自由な時間があってこその事。

 

もし30万円持っていなかったら、教習所に行く自由な時間がなかったら私は永遠にバイクに乗れずに死ぬ事になる。

そうしたらきっと私は後悔すると思う。

 

やりたいと思ったことができる。それをカネで買っている。選択肢の広さがカネにより広がっているのである。

 

人間が欲求を満たすには少なからず金がいる。

 

ご飯が買えない。

家に住めない。

服が買えない。

 

もう少しこれ以外にも、別にできなくても死なないが、やりたい事はあるはずだ。

 

会いたい人に会いに行く

見たいものを見る

聞きたいことを聞く

知りたいことを知る

 

自然な欲求を満たす為にもカネがいる。

その量は人それぞれだろうけど。

 

だから、QOL的な観念ではカネはある意味人生において命(人生)ぐらい重いと言っても決して言い過ぎではない。

 

私は、これまでお金なんてなくても幸せだと思って来た。そして、タブー的にこの問題から距離を置いていた。

 

しかし今、こうもカネの現実を見るタイミングに差し掛かかり、自分の年齢的にも目を背けられないことを自分にも向けて書いておきたいと思った。

 

どれだけカネがいるか。

どうやってカネを手に入れるか。

どうやってカネを守るか。

何にカネを使うか。

 

もっと素直に、敏感になっても良いと思った。

 

 

 

 

Remove all ads

(Y) JOGちん

f:id:t3y:20170625234937j:image

 

御機嫌よう。
Yである。

 

私は、近所をブラブラするのが大好きである。
最近、友人にもらった原付の"ジョグちん"をブンブン乗り回している。

ジョグちんはYAMAHAが製造するバイクでとても小さく、可愛らしいくせに2stエンジンでパワーがありガソリンが6Lも入るのでもう峠を攻めるも良し、旅をするによしと言わんばかりな欲張りな私を満足させるバイクであったのだ。
メットインも大きく買い物も冷凍食品買いだめにまでしっかり対応してくれた。

私はそんなジョグちんを貰ってから約一年乗りに乗った。

 

茨城県の縦断8時間耐久、銚子港までの3時間往復ツーリングなどに始まり、近所の田んぼの畦道のダートトライアル、農道のターマックラリー、国道6号東京方面へのハイスピードセクション往復などその活躍はまるでラリーカーであり、キャンピングカーなのだ。

 f:id:t3y:20170625235007j:image

JOGちんー茨城県の廃ガソリンスタンドにて

 f:id:t3y:20170625235017j:image

原付ーいわゆるスクーターは真っ黒だといかつくなりがちで、ヤンキーは喉から手が出るほど欲しい。筈だ。

但し、見ていただいて分かるであろうこの子。全くいかつくない。まん丸なカウルにライトも角が取れてとってもキュートなのだ。

これでいて高耐久、高速なのだから例えるならVW ゴルフ であろうか?
ちなみに燃費は、2stでありエンジンがぶん回るので原付のくせにイマイチ良くなかった。走行距離は不明だが、今のところはまだまだ走る。

貰った時にはリアタイヤ溝なし、フロントブレーキヘロヘロだったのでタイヤ、ブレーキを交換した。
また、キックのUリングが外れ、キックレバーがエンジンのギアに噛んでしまっていたのも直した。
このJOGシリーズのキックはUリングが外れたら直すのは工具がないと無茶難しいのでバイク屋さんに持って行くか、ロブスターのロックプライヤーを購入するべきだ。精度の高いロックプライヤーがあれば機械に強い人はなんとかなる。

消耗品以外には本当に大きなトラブルなく耐久性は十分だった。さすが日本車、さすがYAMAHA、という気もするがもしかすると2st車の耐久性はこれくらいは余裕であるのかもしれない。

 


では、なぜ私がいまこのJOGちんを紹介しているのか。

それは、手放すからである。
私は基本的にタイヤがついた乗り物は全部好きなので愛着も半端ではない。こいつもその1つで、ガレージがあれば絶対持ったままにしていた。しかし、私にはガレージがなく、おまけにこいつの能力を超える性能の欲が出てしまったのだ。

 

かつての南米諸国での400kmのバイク旅が私を変えてしまった。そのことはいずれ記したい。

 

地球の裏側で、何時間も永遠と続くワインディングロード。地面と空とバイクだけの圧倒的な贅沢が視覚を満足させる。土埃の匂いと強めの貿易風に心地よい疲労感を感じながら高回転のエンジンの音色に酔いしれる、、、

 

 

 

想像しただけでJOGちんに乗りたくなる。しかしまた、JOGちんの限界に満たされない私の存在も理解している。

次がきまり次第、儀式を済ませ送り出す。その記憶をこちらに残したい気持ちになったので今日は書かせて貰った。

 

ありがとうJOGちん。

 

ご機嫌よう

Remove all ads

(T)ガンと人間と地球2

前回の記事ではガンと人間、人間と地球のよく似ている関係について書いた。

 

自分たちが地球にとってガンのようなもの、と言われれたら不快になる人もいるかも知れない。

でもあなたは一時的に不快になっても、すぐに忘れ(もしくは見て見ぬ振りをして)、飲み会に行ったらたくさんの残飯を出すし、ごみは分別しないし、無くてもなんとかなるモノを資源を消費して大量生産するし、すごく、とても、自己(人間)中心的行動をしてしまう。

 

中途半端に頭が良すぎるが故に、自分で自滅してしまうガンと同じく低脳でとても頭が悪いんだ。

まずはその事を自覚して、認識する必要があると思う。そこでその問題から逃げずに、目を背けずに、地球の為に何ができるか考えて、行動に出るべきじゃないだろうか?

 

電車で困っている老人の人がいたとして、その人を助けてる人はダサいか?近くで音楽きいてスマホいじってる方がよっぽどダサい。スマホいじってるバカは結構どうでもいい友人の近況なんかをこっそり見ていていながら、大事な事が見えていないのである。

 

まずは地元で取れた食物を食べるようにするとか、ペットボトルはちゃんと洗って分別するとか、簡単にできる事が必ずあるはずだ。

ちょっと勘違いしていて、逆効果になってしまうこともあるかもしれない。でもそれは大きな問題じゃ無くて、そういう小さな事をみんなが当たり前のように、やる"空気" とか"雰囲気"が漂う事にまずは意味があると思う。まずはスタートラインにみんなが立つ必要がある。

 

 

ぼくは、きっちりしていて、人望もあるやつがゴミの分別をしていないのを見た事がある。これはそいつが悪いんじゃなくて、そういう事を別に気にしなくてもいい"空気"が悪いと思う。

 

言ってやろう。「お前ゴミの分別もしてないのか、だっさいな」と。

 

 

(Y) 嘘しかつかない日

 

こんにちは、ジョニーデップです。

 

3週ぶりになるでしょうか、やっと文章を書ける体になりました。

書けなかったのは少々遠くへ行っていたからです。

 

私は2007年生まれなんですが、生まれつきヒゲが生えてました。

いえ、あそこは生えてませんよ。

顎のヒゲだけ。

成分を分析したらヨーグルトで出来てて、小さい時はたまに食べていました。

好きな音楽はSEX PISTOLS のクラシックでヘッドホンでボリュームを最小にして聞いています。ヨーグルトは食べないようにしていますがね。

 

私は雨が降っている時によく思うのですが、なぜみなさん傘をさすのでしょう?

傘なんて邪魔じゃありませんか?

両手が使えないということは出来ることが減ります。

鼻くそをほじりながらテレビのチャンネルは変えられないし、スニーカーの試着をしながらざる蕎麦のおまけのトロロを開けることもできません。

傘をさしてなければ出来るのにです。

そのくせ、雨を防ぎ終わったら真の邪魔者へと姿を変えるのです。

ありえません。

ベタベタして重たくて、長くて、おまけにフックなもんで手首に引っ掛けてギリギリ両手が使えてしまいます。

ギリギリというところが肝で、鼻くそはうまくほじれない上に、トロロをこぼすことも考えられ、そうしているうちに、あちこちがベタベタになります。

ありえません。

だから傘が大好きな私は部屋に457本飾っています。世界中から集めた日本の傘を、年代ごとに並べてディスプレーするのです。

そりゃあもう私の4畳半のデップ部屋は傘まみれ、美しくディスプレーできやしませんけどもそれをディスプレーと呼ぶ私がいる限りディスプレーです。

 

そもそもなぜスニーカーのベロは下の方にくるくる回って入ってしまうのかわからないですし、ジャガイモもほっといたらどんどん芽が出て気持ち悪過ぎて見るにたえず、もはや食べることなどもってのほか以下ですから、傘の材料にでもなってもらいたい訳であるのですから困っていたのです。

 

私はフェラーリを友達にあげました。

そのあとティッシュ一枚を7億円でホームレスに売りました。

その7億でホームセンターを経営し始めましたが4日目で赤字が620円も出ています。

サンタクロースの腰振り人形の返品があったからです。それまではちょっと儲けてたんですが、これではゴミ焼却プラント事業の二の前ですよね。

とりあえずプールに行くためのナップサックに牛革の取っ手をつけて参勤交代に行ってきます。

外は晴れてますけども傘が好きですので120本だけ持っていきます。

手鏡は置いていきますよ。そりゃあそうです、いるわけありませんから。

そんな私の名前はクリントイーストウッド、三姉妹の長女で二児の母ですから、焼き鳥は串で刺したまま食べない人を軽蔑することに半年を捧げましたよ。

家のガレージはレンガでできていて、車は5台、全てカローラです。

そのうち一台がヨーグルトで出来てて臭いですから四年ものるのはやめましたよ。

来年からは新しい建築家を雇ってみます、橋を立てても壊れてばかりなもんで。

急に草だんごが食べたくなっても牛肉で我慢できればポップコーンを血眼で買わずに済んだんでしょうねえ、知りませんが。

とにかく、以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 こんな風に、普段嘘をついたら怒られる世の中なので、たまには嘘しかつかない日があったらスッキリする。

 

そんな気がします。

 

御機嫌よう。

(T)がんと人間と地球1

人間から忌み嫌われて恐れられている病気、がん。

がんは細胞を増やすために必要なシステムが突然変異によって損なわれ、

際限なく増えてしまう病気だ。

放っておくとその異常な細胞たちが体内の循環の流れに乗って体中に転移してしまう。

要は

”爆発的に増殖するために周りの環境も破壊して最後は自滅してしまうもの”

だ。

 

話は少し変わって、あなたは”環境抵抗”という生物用語をご存じだろうか?

環境抵抗とは

生物の単位空間あたりの個体数が時間とともに増加するとき、密度効果によって増殖率が低下する現象。

例えばある密閉された空間にねずみを数匹入れておく、こいつらはほっとけば文字通りねずみ講式に文字通り加速度的増えていく。

でもある数に達すると、食事の問題だったり、糞尿などで空間が不衛生になったり、

一定の数で頭打ちとなる。

 

地球という大きな空間でもこの原理はある程度成り立っている。

それもすごいバランスで成り立っている。

もし仮にある年ハエが大量発生したとする。そうするとハエをエサにしていたカエルが来シーズン一気に増える。

でもカエルもトリに喰われるし、ハエは食べきっちゃったから少ないし、

、一時的には増えても、また元の数ぐらいに戻る(らしい)。

 

 

僕が考えるにいまのところ、この環境抵抗を受けてない唯一の生物は"人間"だ。

その証拠に人間の人口増加のグラフは加速的に増加したままだ。

正確に言えば様々な環境抵抗はあるものの、持ち前の体に対してバカでかい脳を使って克服しまくってしまっている。

時には”爆発的に増殖するために周りの環境も破壊する”

 

勘のいい人はだいぶ前(タイトル辺り)から気付いていると思うが、

”人間にとってのがん”と”地球にとっての人間”はとてもよく似ている。

 

つづく

(Y) 銭湯

御機嫌よう。Yである。

 

 

 

ようやくこの日が来た。

このブログは遂に150人の方々に見られた。
150回自分達で見ただけか。
間違いでたどり着いた人数?

気にしてないといえば嘘になるが、数字は重要ではない。

重要なのは、別のこと。

そして重要かどうかは未来にわかればいい。


重要なことにはいつも、だいぶ経ってからしか気付かなかった。そして、気付いた頃にはもう遅かった。


お爺ちゃんが拾ってきた犬の世話

おばちゃんが半年に一度くれるイカナゴ

放課後に指導室で聞いた先生からの助言

10代最後の夏

鞄ひとつで海外に飛び出す旅

彼女

友達

自分の夢

 

 

...

 

 

今この瞬間、私にはやりたい事がある。
やりたい事をやらずに、後で重要だって気付いてももう遅いという事だ。

やるしかない。

 

 

 

 


ー銭湯ー

 

 

廃業に次ぐ廃業。

 

私が尊敬する町田忍先生もその著書「ザ東京銭湯」にこう綴られている。
*悲しいかな、重厚で趣のあるレトロ銭湯が、日に日に姿を消していく。そのスピードたるや、全国では1日に1軒、東京では1週間に1軒というペースである。*

 

昨年私が茨城に引っ越して半年が経った頃、千葉県柏市の銭湯が1軒休業していた。幸いにも、休業前に一度だけその銭湯に行く事が出来ていた。

 

休業が、このまま廃業になれば厭でも気づく事になる。その、ー旭湯ーに行く事が私にとって余りにも重要すぎた事に。

 

 f:id:t3y:20170416220717j:image

 

 

 

ー旭湯ー

f:id:t3y:20170416220733j:image

 

柏駅前の空間は最近リニューアルされたのか新しいビルが並び地面もコンクリートでしっかり固められている。

その空間に品なく光るチェーン店の看板を睨みつけ、どっしりと構えているのが旭湯だ。私が行った頃は薪ボイラーだったのか、浴室を通って店主が裏方とを往復していた。

 

お湯は45,6℃ぐらいか、かなり熱く血液に熱が染み込んで滞留するような感覚だった。湯船はひとつだったと思う。

 

残念ながら当時は壁画や下駄箱、脱衣所の屋根など見所となる点の知識がなく忘れてしまったが、相当年期の入った銭湯は素人にも容易に理解できた。

 

正直悔しい。

私は銭湯が好きだ。私が住む町の最寄駅から30分以内で行ける範囲にあった唯一のレトロ銭湯の休業は何とも切なすぎる。

 

 歴史ある銭湯の廃業

 

私はこれを問題と捉えているが、経営面から見るとかなり厳しかった事がうかがえる。¥420の入浴料、週6営業、日に100人が入浴。42,000/1D、¥1,050,000/1M、12,600,000/1Y。

 これがMAXの収益。

 従業員2人 5,000,000

燃料費 2,000,000

修繕費 2,000,000 

 水道代 1,300,000

賃料 1,500,000

計 11,800,000

利益 800,000

 

ざっくり計算しても厳しい。

1日に100人も客が来るのか。

 

 需要がないもの、儲からないものは何ともしょうがない。

存続の可能性に関して銭湯を訪ねて探っていくのは私の永遠の課題となりそうである。

 

では。

Remove all ads

(T)鈴木のたっちゃん3

ここで1秒くらい間があった。

 

「あ、たっちゃん??」

「そうだよ、久しぶり」

「久しぶり、何年ぶり?」

「何年ぶりかもわからないくらい久しぶりだね」

確かにそうだ。いつから話さなくなったかも覚えていない。

「小学校の卒業生の住所の件だよね?」と彼は聞いた。

「あ、うん、」「いや、住所は口実でたっちゃんいまどうしてるか気になって話してみたくなったから」

また少し間があって、

「T君らしいね」と彼は笑った。

僕はそれを聞いて、自分が"固有の自分らしさ"を小学校の時から

保持できていた事を知って、とても嬉しかった。

 

その電話で僕はLINEのIDを伝え、今度会う事になった。

たっちゃんはなんとなくLINEなんてやってなさそうと思っていたが、そうでもないみたいで安心した。と同時になにか少し寂しかった。

 

 

たっちゃんは結構、普通の人になってた。

隣町の高校に通い、名古屋の大学に通い、そのまま大学院に進んで、

いまは地方の都市銀行でシステムの保全をしているとの事だった。

 

「たっちゃん、小学校の時、HPつくってたよね?」

「ああ、あれね~、何気に卒業まで続けていたんだよ」

「あの年で、あの時代にHPつくるってすごいよ。てっきりそのままハッカーにでもなってるんじゃないかと思った」

彼は笑って、少し真面目な顔になって「継続はほんとに難しいよ」と言った。

 

そのあと二人は真面目な話を1時間くらいして別れた。

たっちゃんと会っていたのはたぶん2時間くらいだったけど、お互い、お互いのどこが変化したかも分からないくらい久しぶりだったけど、二人の間にはなんとなく心地良い雰囲気が流れていた。

 

小説とかだったら、ここで感じた事、結論を言わずに、

”自分はなんとなくこう思うんだけれど、あなたはどう思う?”

っていう言語化できない微妙なクオリアを伝えることが出来るんだと思う。

 

僕はそこまでの力量がないので、感じたことの一部を飛躍させながら無理やりこのブログ向けに言語化すると

 

社会人になると、論理的思考(ロジカルシンキング)に毒されやすく、損得勘定でものを考えがちになってしまう、要は金とか利益を最優先に動いてしまいがちになるんじゃないか?

ということだ。

個人個人が自分が幸せを感じることを考えて、それを実現するためにお金がないとダメならその分だけ稼げばいい。

 

僕は良く晴れた日に、洗濯、掃除を済まして、家の近くをゆっくり散歩して、静かな喫茶店で読書したりとか、

ある朝起きたら、横に彼女が寝ていて、彼女が泊まりに来ていたことを思いした瞬間とか、そういうことに幸せを感じる。

会社にいたら、そういう幸せを感じる場が少なくなっていた。

月に残業を100時間とかするのは、お金を稼ぐ事自体とか、他人にこき使われる事に幸せを感じる人のやることだ。

 

うちの近くの川にいるアヒルはロジカルシンキングもしないし、労働もしないけど、今日も気持ちよさそうに泳いでいる。