Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

丁字路

サラリーマンYと脱サラリーマンTが書くブログ

丁字路

―別々の道を選んだ2人の記録―

(T)鈴木のたっちゃん2

彼に連絡を取ってみよう。

 

こっちにある情報は卒業アルバムの裏にある実家の住所と電話番号だけだ。

試しにfacebookで検索したが、それらしき人物はヒットしなかった。

なにせ日本で2番目に多い名字と、恐ろしくありきたりな名前だ。

少し考えたが、やはり、いきなり電話をかけるしかない、という結論に至った。

 

少し緊張しながら、電話をかけた。

「もしもし」

「もしもし。私、Tと申しまして、○○小学校、△△年度卒業生の年次代表です。

この度、卒業生名簿の更新をしておりまして、お電話させて頂きました」

「はあ、」

「××さん(たっちゃん)のお母さまでいらっしゃいますか?」

「そうですが、

 ××はもう家を出て独立しております」

「そうですか、、

 新しい連絡先をしりたいのですが、、、」

母親は明らかにこちらを不信に思っている様子だった。

「そうだ、一度××君に連絡を取って頂いて、私の名前を伝えてください。

 おそらく彼は僕のことを覚えていると思います。

 そうして、彼から直接私の方に、新しい連絡先を折り返して頂ければ幸いなのですが、、」

「それでしたら、、」

そこで僕はすかさず礼を言って、再度名乗り、電話番号を伝えた。

お母さまはご苦労様です、と言って電話は終わった。

最後は何とか信じてくれたようだった。

 

しかし、たっちゃんからの折り返しはなかった。

最初の数日は期待して、意識していたが、そのあとは自分でも

たっちゃんの一件を忘れ、のんびり無職実家ライフを過ごしていた。

人生で一番ゆったりとまではいかないが、ちゃんと物事がわかるようになってから

こんなに長い期間、何も考えなくていい機会があるのは初めてで、

最初は自分でも何をすればいいのかよくわからなかった。

丁度、60歳まで務めた会社員が定年退職して、何をしていいかわからず、

手持無沙汰になるのと同じかもしれない。

年老いた妻に鬱陶しがられないだけ、僕の方がマシなはずだ。

 

そのうち、そんな生活に慣れだすと、天気が良くて風も穏やかだったら、

ゆっくり散歩をし、

天気が芳しくない日は、あらかじめ図書館かブックオフ仕入れておいた小説を

何冊か読んだ。

時々祖母と、亡くなった祖父の話をして昔を懐かしんだり、

隣に住んでいる姪と庭で泥遊びをしたりと、

25歳の青年にしては、かなり落ち着いて、時間の流れが緩やかな毎日を過ごしていた。

 

 

 

そして、その電話は本当に突然かかってきた。

たまたま、高校時代の友人を訪ねに、名古屋に来ている所だった。

(退職してから遠くに出かけることなんてほんとに珍しくて、1カ月に1回程度の珍しいイベントだった)。

 

それは本当に突然で、電話に出た時点でも、たっちゃんの事なんて、

すっかり忘れていた。

「はい、もしもし」

「もしもし、××だけど、」

ここで1秒くらい間があった。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

たっちゃんはなぜ金玉が3つだと確信していたのか?

他の人たちはなぜ金玉が2つだと確信していたのか?