Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

丁字路

サラリーマンYと脱サラリーマンTが書くブログ

丁字路

―別々の道を選んだ2人の記録―

T

(T)がんと人間と地球1

T

人間から忌み嫌われて恐れられている病気、がん。 がんは細胞を増やすために必要なシステムが突然変異によって損なわれ、 際限なく増えてしまう病気だ。 放っておくとその異常な細胞たちが体内の循環の流れに乗って体中に転移してしまう。 要は ”爆発的に増…

(T)鈴木のたっちゃん3

T

ここで1秒くらい間があった。 「あ、たっちゃん??」 「そうだよ、久しぶり」 「久しぶり、何年ぶり?」 「何年ぶりかもわからないくらい久しぶりだね」 確かにそうだ。いつから話さなくなったかも覚えていない。 「小学校の卒業生の住所の件だよね?」と彼…

(T)鈴木のたっちゃん2

T

彼に連絡を取ってみよう。 こっちにある情報は卒業アルバムの裏にある実家の住所と電話番号だけだ。 試しにfacebookで検索したが、それらしき人物はヒットしなかった。 なにせ日本で2番目に多い名字と、恐ろしくありきたりな名前だ。 少し考えたが、やはり、…

(T)地球にとっての日本とヒトにとっての耳

T

(※鈴木のたっちゃん2は長くなるので再来週に持ち越します。) この話に結論とか誰かに対しての意見とかはない。 特定の国・民族を否定するつもりも一切ない。 ただ最近思ったことをメモしとくだけだ。 日本の形は明らかにおかしいと思う。 世界地図を見てみる…

(T)鈴木のたっちゃん

T

たっちゃんが自分の金玉は3つあると信じていることが発覚したのは小学2年生の授業参観の日だった。 おそらく保健の授業だったのだろう、確証はないが、それ以外授業参観で ”自分の金玉の数を数えてみよう”なんて企画はやらないはずだ。 たっちゃんとは、小…

(T)最近読んだ本

T

会社をやめた僕は、4月から再度大学に行く。 その受験の際に科目に小論文があったので、参考書を購入し、いくつか頻出課題を あらかじめ練習して臨んだ。 (幸い合格する事は出来たが、練習した課題は出なかった)。 折角文章を書いたので、少しここでも紹介…

(T) 勘定科目<自分>について

T

まだ会社に勤めていていて、簿記の資格取得のために勉強していた時に考えた、ちょっとためになりそうな話。 ためになる話の前に、 軽く簿記の説明をしなければならない。 ここをちゃんと読まないと重要な部分がわからなくなる。 簿記には2つ大きな財務諸表(…

(T) ある無職の月曜日

T

月曜日は図書館が休みだ。 無職にとって図書館の休みの日はいまだに何をすればいいのかわからない。 9:00 電話で目が覚める。 ばあちゃんからで 「今、家を出たがストーブを切り忘れたかもしれないから切っておいてくれる?」 との事。 「おっけー」 と言い…